新築を購入する時に、いちばん躊躇する理由が「ローンの支払いができるかどうか」という点です。

35年などの長期ローンが支払えなくなったら…そう考えると、「賃貸でもいいか」と思ってしまうかもしれません。

漠然とした恐怖を感じている人は、「もしローンを支払えなくなったらどうするか」を具体的にイメージしてみましょう。

最悪の事態をイメージする事で、新居を購入する怖さを消してみましょう。

まず自分の親と、パートナーの親に借金をする事は可能でしょうか。

親が資産家の場合は、いざという時に安心です。

またパートナーの経済力が強い場合は、パートナーにローン返済を一時的に任せる事ができます。

返済するお金に困って、破産してしまうような事はないでしょう。

また新居を貸せるかどうか、検討してみましょう。

もし購入予定の新居が人気エリアにあり、最寄駅から近い場合、ローン返済に必要な程度の家賃収入が見込めるはずです。

もしローンを支払えなくなった時を想定し、何とかなりそうだと感じたら、家の購入を本気で検討してみましょう。