新居を購入したいけれど、とにかくリスクを負いたくない人という人もいるはずです。

新居を購入する時の最大のリスクは「長期ローン」です。

30年以上のローンを組み、途中でローンが払えなくなった時が、最大のピンチになります。

新居を購入する時は、「無理のないローンを組む」事が大切です。

十分に返済可能なローンを組める範囲で、家を探しましょう。

ローン返済が始まった後も、臨時収入などがあってお金に余裕ができた時は、「繰り上げ返済」をしましょう。

繰り上げ返済をすれば、ローンの返済期間が短くなるだけでなく、支払う利息が少なくなります。

ローン返済のリスクが、ぐっと少なくなる魔法の方法です。

どんな長期ローンを組んでも、毎月決められた金額だけを返済するのではなく、繰り上げ返済をする権利が認められています。

リスクを負いたくない人は「無理のないローンを組み」「繰り上げ返済をして、返済期間と総支払額を少なくする」二本立ての作戦を採りましょう。